(14)反省

Photo_13

「反省すれば許される」なんて、

本当にありがたい。

人は、眼隠しをされて、
この世に生きているようなものだから、
間違いは、どうしても犯してしまうね。

間違いに気づけることもすばらしい!

この世の人生は、あっという間に過ぎる時間・・
あの世にいる時間のほうが、
ずっとずーっと長いのです。

天上界は楽しいところだけれど、
向上心の強い積極的な魂は、どうも飽きてくるらしい。
ぬるま湯的な所でもあるからね。

それで地上に降りてきて、肉体を持つ。
地上に降りる前に、
自分の両親は自分で選ぶそうだ。
もちろん、親になる人には、
子供のほうが頭を下げてお願いする。

青年期の自分は、
両親の足りない部分ばかり見て
批判的な見方をしていたが

自分も娘や息子が成人する年頃になり
自分の両親の偉大さに、
気づいてハッとする。

両親に対して批判的に見えていたものは、
両親の、大きな愛の影の部分にすぎなかった。

今は、すでに天上界の住人になっている両親に対し
ただ感謝あるのみ・・

青年時代は未熟であっても
無限の可能性が広がっている。

40代、50代、60代・・
年を重ねていく中で
正邪が分かってくる。

そして
正なるものを、より強くし、
邪悪なるものを改心に導くものは、
「愛」
親の、子への「愛」、
すなわち
神の私たちへの「愛」
私たちは学びと実践の繰り返しのなかで
智慧が得られる。

いくつになっても自分の未熟さを
認めることのできる人が
学びと実践を繰り返せる。
その中で、
「愛」を一環して持ち続けたら
それが、報恩行になる。

結果として
その人の魂は成長する。
魂の成長とは、神に近づくこと。
根源の神、仏に
近づけることなのです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA